ボイラーの取り扱い 17 水中の不純物とその影響

1.スケールおよびスラッジの害について間違っているのはどれか (1)ボイラーに連結するコック、ベン、その他の小穴を詰まらせる (2)スケール成分の性質によっては炉筒を腐食させる (3)煙管の内面に付着すると水の循環を悪くする (4)炉筒や水管などの過熱の原因になる (5)熱の伝導を妨げてボイラー効率を低下させる 2.給水中の溶存酸素がボイラーに与える影響として正しいものはどれか (…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 16 ボイラー用水2

4.ボイラー水の管理についてまちがっているのはどれか (1)ppmという単位は水1㎏中に含まれている物質をmg数であらわした濃度単位である(2)水溶液が酸性かアルカリ性かは水中の水素イオンと水酸化物イオンの量により決まる (3)常温(25℃)でpHが7未満は酸性で7は中性である (4)酸消費量は水中に含まれると酸化物・炭酸塩・炭酸水素塩などの酸性分の量を示すもの (5)酸消費量は試料のp…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 16 ボイラー用水

1.水の物理的特性についての説明として間違っているのはどれか (1)純粋な水は無色無味無臭の液体 (2)標準大気圧のもとでは0℃で凍結し体積は約10%増加する (3)標準大気圧のもとでは気化すると体積は約3倍となる (4)標準大気圧のもとでは0℃で凍結し固体となる (5)標準大気圧のもとでは100℃で沸騰し蒸気となる 2.ボイラー用水についての説明として間違っているものはどれか (…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 15 ボイラーの事故2

4.重油だきボイラーにおいて煙道ガス爆発を起こす場合は次のうちどれが最も多いか (1)燃焼が中断して再燃焼する場合に未燃ガスを完全に追い出さないとき (2)炉内に未燃ガスが充満しているのに点火したとき (3)重油の引火点が低すぎる上に温度が高いとき (4)不足している空気量を急に増やしたとき (5)水分が出て一時的に燃焼が中断して再び後継の重油が噴射したとき 5.ウォータハンマの原因…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 15 ボイラーの事故

1.次の中でボイラーが破裂を起こす直接の原因になりにくいものはどれか (1)ウォータハンマを起こしたとき (2)急激に蒸気を発生させたとき (3)制限圧力を超過して蒸気を発生させたとき (4)ボイラーの構造上に欠陥があるとき (5)腐食・割れなどによる劣化があるとき 2.ボイラー破裂の原因として次のうち間違っているのはどれか (1)設計上の誤りがあった (2)工作がきわめて不…

続きを読む

クリック?Welcome!!
にほんブログ村 資格ブログへ


スポンサー広告

https://www.rizap-english.jp