ボイラーの取り扱い 14 ボイラーの劣化と損傷

1.ボイラーの腐食についての説明で間違っているのはどれか (1)内部腐食のうち最も多いのは点食である (2)グルーピングはフランジなどの湾曲部に発生しやすい (3)腐食を発生する要素の一つに電気化学作用がある (4)低温腐食は煙道の低温部などに発生する (5)重油に含まれるバナジウムは低温腐食の原因である 2.グルーピング(溝食)とはどんな腐食か (1)ボイラー水中の酸分によって起…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 13 休止中の保存法

1.満水法によるボイラーの休止方法について間違っているのはどれか (1)少量の洗浄剤を注入してボイラー水にアルカリ性を保たせる (2)満水法はボイラー内を満水させることが必要 (3)水を充満した後に適当な弁を閉めてボイラー水を一応沸騰させる (4)満水法は比較的短期間の休止かつボイラー水に腐食性のない場合が適当 (5)満水保存後にボイラーを使い始めるときはボイラー水を全部排除し水洗いし…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 12 ボイラーの清掃2

5.ボイラーの酸洗浄について間違っているのはどれか (1)酸洗浄はボイラー内に付着したスケールを溶解除去するもの (2)酸洗浄の使用薬品には普通炭酸ナトリウムが用いられる (3)酸洗浄には酸によるボイラーの腐食を防止するための抑制剤(インヒビタ)が添加されるほか必要に応じて銅溶解剤・銅封鎖剤などの添加剤が併用される (4)シリカ分の多い硬質スケールのときは所要の薬液でスケールを膨潤させて…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 12 ボイラーの清掃

1.ボイラーの内面掃除の目的で間違っているのはどれか (1)スケール・スラッジによるボイラー効率の低下を防止する (2)スケール・スラッジによる過熱の原因をのぞいて腐食・損傷を防止する (3)プライミング及びフォーミングの発生を防止する (4)穴や管の閉塞による安全装置・自動制御装置・その他の装置の機能障害を防止する(5)ボイラー水の循環阻害を防止する 2.ボイラーの内部掃除のスケール…

続きを読む

ボイラーの取り扱い 11 自動制御装置の取り扱い2

4.フロート式水位検出器のフロート室の吹出しを1日に1回以上行わなければならない理由として正しいものは次のうちどれか (1)給水ポンプを運転させる (2)フロート室に付着したスケールを除去する (3)ボイラー水の採取を行う (4)水位検出器が設定水位で作動することを水面計で確認する (5)燃焼を遮断する 5.電極式水位検出器の点検に関する次の記述で間違っているのはどれか (1)1日…

続きを読む

クリック?Welcome!!
にほんブログ村 資格ブログへ


スポンサー広告